2014年1月アーカイブ

全身脱毛の通い放題プラン

全身脱毛というとお金がたくさんかかるというイメージを持っている方も多いでしょう。
脱毛サロンの施術の中でももっとも高いプランとして君臨しているのが全身脱毛です。
その中でも最上位のプランと言えば全身脱毛し放題のプランでしょう。
通い放題というプランを扱っているサロンは少ないですが、いくつかのサロンにあります。
文字通り満足行くまで脱毛施術を受けることができるので効果に納得がいかないということは
まず考えられませんが、やはり全身脱毛の通い放題なのでそれなりの料金設定になっています。
少なくとも30万円以上はかかると覚悟しておいたほうがいいでしょう。
しかし、それで一生無駄毛に悩まされることがないということを考えればお得かもしれません。
そんなにお金を払うのならクリニックに行ってレーザー脱毛をしてもらったほうが早いと
思うかもしれませんが永久脱毛と言われる施術は絶対に毛が生えないというわけではありません。
当然ほとんどの毛は生えてこなくなりますが産毛程度の毛が生えてくる可能性は十分にあります。
また、痛みのことを考えるならエステサロンの通い放題プランのほうが生えてきたとしても
また通うことができるので一生心配しなくてもいいと言えるでしょう。
もしリスクがあるとすればそのサロンが倒産してしまうような場合です。
実際に通っていたサロンが突然無くなっていたというケースもあるようなので
そういったことも考えて通うべきサロンを決めたほうがいいでしょう。

同じ部位の脱毛施術を何度もする理由

医療機関で行われている脱毛方法に医療レーザー脱毛という方法があります。これはよく
言われているところの永久脱毛と言われる施術方法の一つで一度施術を受けた部位からは
毛が二度と生えてこなくなるという脱毛方法です。部位というよりは一度施術効果があった
毛穴と言ったほうがより正確な言い方かもしれません。毛には毛周期というものがあって
医療レーザー脱毛でもフラッシュ脱毛でもそうなのですが基本的には目に見えている毛に
しか効果が出ないと言われています。なのでまだ目に見えない毛には効果はないのです。
なんとなく自分の毛を見るとその見えている毛が全てだと思ってしまいがちですが、実際に
見えている毛というのは全体の毛の一部分でしかないのです。場所によってもその比率は
違いますが髪の毛でさえ実際に目に見える毛というのは全体の8割程度と言われています。
なので医療レーザー脱毛は確かに永久脱毛と言われて、施術をすれば毛が生えてこなくなる
のですが同じ部位でも何度か施術を受けなければいけないのです。針脱毛のように毛穴の
一つ一つに対して施術をしていくような方法の場合は同じ毛穴を二度施術するということは
ありませんがレーザーや光を使った脱毛施術の場合は同じ部位でも見えている毛にしか
施術効果がないので永久脱毛だとしても同じ部位を何度か施術する必要があるというわけです。

車の査定はどこを見ているのか?

車を査定に持っていく時にどのような点を見て査定をするかというと車内と外装です。
もちろん他の要因も査定額に影響を与えるわけですが少しでも査定額をアップさせるために
自分でなんとかできるところと考えるとこの二つが挙げられるのではないでしょうか?
外装に関してはどうせ買取りをしてもらった後に買取り店が綺麗にするわけなので
自分でやっておいても意味がないだろうと思っている人もいるかもしれませんが、
もちろん外装が綺麗に越したことはないわけで、この外装が綺麗だということは
単純に綺麗さだけが査定に影響を与えるのではなく、それだけその車を大切に扱っていたか
という部分も査定に影響を与えることになるとも言われています。
こういう部分は数字にハッキリと出てくる部分ではありませんが、少しでも査定額を
アップさせたいという場合は気を使っていたほうがいいでしょう。
また、車内の臭いに関しては代表的なものでいうとタバコとペットの臭いですね。
もしその車を売る時が来るということが最初からわかっていたならば車の中では
タバコを吸わないと最初から決めていることがベストでしょう。
車内の臭いというのは査定にそれなりに影響するのでもう手遅れだという場合は
悪あがきでもいいので査定に持ち込む前に消臭するなどの配慮をしておきましょう。

出張買取りの本の査定基準

近頃は本を売るのも大分楽になりましたね。
10年前ぐらいまでは本を段ボール箱に詰め込んで近くのブックオフに行って売っていましたが
今はインターネットから申し込むだけですぐに出張買取りに来てくれますからね。
本と言っても漫画を売る時に気になることなのですが査定の基準としてある程度
セットで売るのとバラで売るのでは査定額にどれぐらい影響があるんですかね。
漫画なんかの場合は一冊ずつとか間が抜けている状態で売るよりも最初から最後までの
全巻セットで売ったほうが本屋さんとしてセット販売ができるのである程度査定額は
高くなるような気がするのですがそれがどのぐらい影響を与えているのかが気になります。
まあ特に価値の高い本でない限りは1冊10円とかそこらだと思うのですがセットで売ることで
それが20円とかになったりするんですかね。
これはなんとなくの感覚ですが出張買取りって売る本の冊数によっても変わりますが基本的には
無料で引き取りにきてくれるわけなのですが、査定額でその引き取りに来てくれるのにかかる
費用みたいなのが引かれているんじゃないのかとちょっと疑ってしまうような査定の時もあります。
まあこればかりは専門家ではないのでわかりませんが、どちらにしても本はそんなに高く売れませんね。
ただ思い切ってまとまった数の本を売ったりすると結構部屋がスッキリします。

サプリメントで健康被害

ちょっと昔に海外から個人輸入したサプリメントで健康被害がどうのという話があるけど
ついこの前もアメリカのダイエットサプリを飲んでいたら入院したみたいな話がありましたね。
なんでも個人輸入をしていた友人から買ったサプリメントだったみたいで飲み続けていると
死んでしまう可能性もあるようなものだったそうです。
こういうニュースを見る度に思うけど輸入とか海外のものとか関係なくそういうサプリメントが
海外でも需要があるんですかね?
需要があるのかというより向こうでは健康被害とかで問題になったりしないのか疑問です。
その国の人の体質が関係していて日本人がそのサプリメントを飲むと健康被害が起こる
可能性が高いとかならまだちょっとは納得できるのですがきっとそういうわけではないと
思うんですけどね。
きっと人間に対してあまりよろしくないものというのは万国共通なわけで日本で輸入した
ものを飲んで体調が悪くなる人が出て問題になるというのが疑問に感じてしまうわけです。
その輸入元の国では全く問題になっていないのか?と。
まあもしかしたら作られているのが海外なだけで日本人向けに販売されているという
可能性も考えられると思うのですがそうなってきたら、よくそんな危険なサプリメントを
飲む気になったなと逆に感心してしまいますね。
海外のサプリメントなんて聞いただけで普通に買う何倍も警戒しそうなものですが
きっと何かそういう警戒を振り切る何かがあったんでしょうね。

炭酸シャンプーの使い方

炭酸シャンプーは、何度か使用していくうち、髪がキュキュっとしてきて、トリートメントの浸透が高まるので、サラサラになる効果があります。また、毛穴が引き締まるので髪の毛が立ちやすくなります。炭酸水には、元々、皮脂を溶かす働きや毛穴を引き締める効果があると言われていて、毛穴汚れがすっきりするので加齢臭対策にもおすすめです。水道水で洗った時と比べると、すすいだ水のにごり方が全く違います。何より、洗い終わった後に爽快感があります。炭酸シャンプーの使い方は、まず、いつものシャンプーで軽く頭を洗ってすすいだ後、水気をよく取ります。その後、炭酸シャンプーをよく振り、ショートの人はピンポン球2、3個分を、ロングの人はグレープフルーツくらいの大きさを手の平に出します。そして泡を潰さないように両手に乗せ、汚れや臭いが気になるところ押し当て、泡を優しく伸ばして行きます。マッサージするようにして泡立たせたら5分位置き、よく洗い流せば完了です。炭酸シャンプーを使った後は、トリートメントをしっかり行い、育毛剤などを使用すると、浸透力がよくなっているのを実感できます。

前住んでいた部屋は仕事が忙しかったこともあってほとんど寝るだけといった感じが
あったのでそんなに掃除と言っても目に見えて汚くなったところを掃除するだけ
だったんですけどそうすると目に見えていない部分が強烈に汚れていたりすることを
引っ越す時の掃除で思い知ったのでやっぱり日々小まめに掃除をすることが大事だと
心を入れ替えました。
幸運なことにも仕事もすっかり変わって今は逆に家にいる時間のほうが長いので
そういった意味でもより快適な空間を維持しないといけないと痛感しています。
まあ水回りとかすぐに汚くなるようなところはどんなところに住んでいても
小まめに掃除するんですけどベッドをどかしてその下とか結構大掛かりになれば
なるほどなかなか掃除をする気になれないという問題がありますよね。
そういうところをもう日にちを先に決めてしまって掃除をしようと思っています。
おそらくどんなに放っておいても一ヶ月ぐらいのスパンで掃除をしていれば
そこまで汚れとかホコリは溜まらないだろうと思っています。
そんなに汚れが目立たない状況で掃除をしても綺麗になっているという変化が
見られないと逆に掃除をした気にもならないですしね。

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2