2014年4月アーカイブ

ワキのムダ毛処理

ムダ毛処理をする際に最も多くの人が気になる部分が両ワキのムダ毛でしょう。
特に女性の場合は早ければ小学生ぐらいから処理を始めている人も多いと思います。
そんな両ワキのムダ毛処理ですが、このパーツに限っては脱毛サロンに通って施術を
受けるのが一番手間がかからずに綺麗に処理をすることができるのではないかと思います。
大手の脱毛サロンでも両ワキ脱毛は体験やお試しとなっていて処理に納得するまで
通い続けても1000円とか2000円程度の料金で済むサロンが増えていますね。
もちろん、脱毛サロン側としてはそれだけで通われてしまうと完全に赤字になって
しまうので他のコースを勧めて契約をしてもらうというところに集中しているわけですが
昔に比べると強引な勧誘というのも少なくなりましたし、普通に断っても特に何か
あるわけでもないので両ワキを脱毛する際はこういったキャンペーンを利用するといいでしょう。
ワキの場合は結構毛が太いのもあってそれなりに効果が出るまでには時間がかかることがあります。
逆に最初に脱毛効果を実感するまでにはそんなに時間はかからないと思いますが
綺麗なムダ毛のないワキを目指すのであればそれなりの回数は必要になってくるでしょう。
ただ自分で処理をする手間だったり綺麗なムダ毛処理を考えるとやっぱりワキに限って言えば
脱毛サロンで処理をするのが一番ではないかと思うわけです。

鮭のアンチエイジング効果

日本に欧米食が広まり、魚を食べる機会が減っています。
鮭はアンチエイジング効果がある食材です。
魚も食べるようにしましょう。
鮭にはアスタキサンチンという抗酸化成分が含まれています。
赤い色素で化粧品にも配合されています。
紫外線を浴びたり、ストレスを感じる、不規則な生活をしていると活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞をさびつかせて、シミ・シワなどの老化現象を引き起こします。
アスタキサンチンは活性酸素の害を防いで、細胞をさびつきから守ってくます。
DMAEという成分にも注目が集まっています。
DMAEには筋肉を引き締める働きがあり、たるみやシワを引き締め予防する効果が期待されています。
食材でたるみ引締め効果があるものは少ないので、鮭は貴重なアンチエイジング食材です。
魚に含まれるDHAやEPAは細胞膜の原料になります。
DHAとEPAを摂取することでツヤのあるしっとり肌になります。
肉ばかり食べず魚も食べるようにしましょう。
インナードライ肌対策化粧品

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2