夫は絶対お小遣い制です。

共働き夫婦です。
結婚して一緒に住み始める少し前に、家計管理は主婦である私が行うことを強く主張しました。
夫は最初嫌がりましたが、私は引き下がらず、結局私の主張通りとなりました。
家のお金の事情を知らないでいることが不安で管理をしたかったという理由もひとつありますが、一番の理由は夫の浮気防止、遊び防止。
別に浮気性の夫だというわけではありませんよ。
でも危険の芽を摘んでおこうという密かな企みです。
決して夫には言ってません。
限られたお金しかなければ、女性に食事をご馳走できるのだって何回もできないし、誕生日やクリスマスにプレゼントを送ることだってできない。
女性の前で格好をつけられないなんて男性にとっては惨めなことだと思うし、そんなケチな男性にいつまでも離れない女性はいないと思うのです。
お小遣いをどのように使っているかは全く聞きません。
必要以上の詮索は一切しません。
家計管理をできている以上、それ以上の制御はいらないと思うのです。
今の時代、妻に家計管理を任せるなんて古いという人も多いでしょう。
でも私は家庭が平和であるためには、この考え方を変えるつもりはありません。
もちろん私は家族のために、きちんと管理をします。
探偵社 費用