ブラッドリーvsリオス戦は意外な結末でした

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日のWBOウエルター級ブラッドリー対リオス戦は予想外の結末でした。
まさかあのかつて無敗のまま世界王者に上りつめたリオスが非力なブラッドリーにTKO負けするとは思いませんでしたから。
 しかもボディーに貰ったパンチでうずくまる様にダウンしたので、あのような負け方をするのはちょっと腹筋の鍛え方が足りないのではないかと思ったのでしたが、彼の腹回りは前日の計量時とは全くの別人でユルユルでしたから、軽量後に相当飲み食いしたリバウンドが来てるのは明らかで、そのせいで負けたのだろうと思いました。
どっちみちブラッドリー有利だろうと思っていたので予想が当たって気分はいいです。
ただまさかのKO勝利が予想外でした。
プロ転向後のKO勝利が5割にも満たない現役世界王者は彼くらいではないかと思います。
KO率2割台で頑張っていたP・マリナッジという名王者がいましたが最近引退してしまいましたし。
ですから典型的なアウトボクサーなのですが、彼の試合は見ているだけで非常にボクシングの勉強にはなるでしょう。
近くにアマチュア選手がいればブラッドリーの真似をするようすすめたいくらいですが、ただ、頑張っても真似するのは容易なことではないでしょう。
引越し 相場 3月

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hometrade.awcs.info/mt/mt-tb.cgi/5

コメントする