2016年6月アーカイブ

最近はまっていたテレビ番組の一つにNHKで放送されていた、トットテレビがあります。
黒柳徹子さんの半生を描いた番組で、黒柳徹子役の満嶋ひかりが可愛くて、見ていると、何だかもう、黒柳徹子にしか見えないくらい雰囲気が似ているんです。
それだけでも見る価値はあると思うのですが、ストーリーがまた面白いんです。
テレビが始まった頃に出ていた、有名芸能人の方が沢山出ていて、渥美清の若い頃や、坂本九、森重久弥、作家として有名な向田邦子など時代を彩る芸能人と、徹子さんとの知られざるエピソードが面白おかしく描かれていました。
もうすでに亡くなられている方達なのですが、どの方も魅力的に描かれていて、森重久弥役の吉田鋼太郎さんなんかとても良い味で、色気がある役者さんだなと改めて思いました。
渥美清役の中村獅童さんはどことなく雰囲気も似ていて、優しい感じが合っていました。
昔のテレビは生放送が当たり前だったらしく、今も続けている徹子の部屋も、その教えから編集なしで撮られているそうです。
以前に徹子の部屋で徹子さんが、最近、楽しい話を聞いてもらえる方が、段々少なくなってきたのって話されていました。
トットテレビで出ていた方もほとんど亡くなられている方でした。
そう考えると、長く芸能界で活躍している徹子さんは、改めて凄い方なんだなと知り、まだまだ元気に活躍していって欲しいと思いました。
飲む日焼け止め ホワイトヴェール